50代の在宅ワークの現実は○○だった!

年金受給が70歳からになると言われていますが

まだまだ、70歳までには20年近くあるのに…。

実は50代になると仕事がガクッとできなくなるって話しよく聞きます。

昨日やったことを覚えてない! 残業が続くと体がしんどい。

しかも、自分の立場を守らないと、給料はなくなる時代です。

副業も同じ。

自分の体力と能力をうまく使わなければ、それこそ破滅です。

内職手作業の仕事

在宅ワークでやってはいけない仕事のトップクラスが内職です。

DMの封筒作業、タオルの袋詰、シール貼り、組み立て、ネジ止め、造花づくり。

どれも未経験者、初心者でもできますが、単価が安すぎて、いくらやってもお小遣いにもなりません。

1時間やって、300円ほどの仕事ばかり!

単価や時給が低いということは、何時間やってもたいしたお金になりません。

寝る間を惜しんで必死でやって、ひと月5万くらいになればいいほうです。

内職をするくらいなら、一日3時間でもパートやアルバイトに出たほうがよっぽど効率いいと思います。

流行りの仮想通貨とFX

ちまたで流行っている仮想通貨。

仮想通貨で1千万儲けました!!なんて話もよく聞くようになりました。

しかし、仮想通貨もFXも、儲けるときもあれば、損をするときもあります。

ギャンブルだと思って楽しむ分にはいいかもしれませんが、気が付いたら破産した、なんてことになりかねません。

話題のビットコイン、イーサリアム、ネムコインはレバレッジも効くために、元手のお金が少なくても大金をかせぐチャンスがありますが、これもやはりギャンブル的ですよね。

初心者は難しい?株式投資 投資信託

株式投資や投資信託は、コツコツ貯金するようなものなので、短期間に1千万円とか1億円かせぐのは無理ですよね。

貯金が100万円以上の人で、お金に余裕がある富裕層向けです。

しかし今は、5,000円程度から始められる積み立て型の投資信託もありますので、少し節約すればできるようになりましたよね。

でも、もちろんこれもギャンブル要素満載です。

損をしても大丈夫な範囲でやるのがおすすめです。

Free stock photo of pattern, technology, display, airport



酵母のチカラで美肌に導く☆白萄しずく美容水

ネットオークションやフリマ

普段生活していると、何かと出てくる不用品。

まだ十分使えるものだったりすると、そのまま捨ててしまうのはもったいないですよね?

そんなとき、活用したいのがフリマアプリ。

「それ欲しい!」という人に引き取ってもらえたり、場合によっては、小遣い稼ぎができます。

フリマアプリの場合、スマホやPC上に、撮影した売りたい商品画像をアップして出品します。
価格は自分で設定できますが、あまり高いと売れません。

アプリによっては、運営者が間に入って決済代行をしてくれたり、商品発送をしてくれたりするところもあり、
「送ったけれどもお金が振り込まれない」
「お金を振り込んだのに、商品が届かない」
というトラブルを防止できます。

しかし、すぐに売れるものもあれば、1年経っても売れないものも!

また、フリマアプリは20代から30代の方が利用していることが多いので、50代の不用品って、あまり売れないかもしれません。

捨てるよりはいい、というくらいの気持ちで売らなければ、がっかりすることになります。

副業でアフィリエイト

副業でアフィリエイトをしたいと思ったものの、最初の段階で作業を辞めてしまう人が結構いるようです。

20代や30代の人に比べて、50代や60代の人は副業でアフィリエイトを実践しようとしても継続する事が出来ないことが多いようです。

その理由は、

パソコンが苦手、ブログを書く内容が見つからない

などがあるようです。

ブログの立ち上げ方から始まり、ワードプレスのプラグイン導入、価値のある記事の書き方、SEOの知識など、ひとりではなかなか難しいことが多いですよね。

また、ブログになかなか人が集まらないことで、続けるのがおっくうになるんでしょうね。

ブログに人が集まるまでには時間がかかるので、それまで我慢することが大事ですね。

誰でも簡単 アンケートモニター

簡単にできる在宅ワークにインターネットで登録をして、アンケートに答えることでポイントをもらい、それを換金できるものがあります。

アンケートに答えるだけで事前アンケートでは1~5円、本アンケートは10~100円が手に入るようです。

金額は少ないかもしれませんが、なによりも隙間時間に出来るのが魅力的ですね。

頑張れば、月に2~3万稼ぐこともできるようです。

毎日隙間時間でできることではありますが、不必要なもののアンケートに答えて、メールアドレスを登録してしまい、頻繁にメールがくる!なんてこともありますので、その点は気を付けたいですね。

まとめ

50代でできる在宅ワークって、誰でもできそうなものから、

専門的な知識が必要なものまで幅広くいろいろあるもんですね。

年金も当てにならない状況ですから収入源は多い方がいいに決まっていますよね。

でも、在宅ワークって労働収入になるものも多いんですね。

今はいいかもしれませんが、もっと年をとってくると

心身ともきつくなってくるかもしれません。

出来ればまだ動ける今の間に、

不動産収入やネットワークビジネスなど将来的に

権利収入を手に入れる方法を考えてみるのがよさそうですね。

自分の老後は自分で守る!!そんな時代になりました。

 




水を一滴も使わずに作ったスキンケア☆白萄しずく

コメント

タイトルとURLをコピーしました