離婚後の収入が不安な50代女性にネットワークビジネスはお勧め!

50歳で離婚

これから自分らしく生きるんだ! なんて、悠長なことを言う前に、調べておきたいことはたくさんあります。

年々40代50代の離婚率は高くなっており、50代で離婚する人の割合はここ10年で急増したとも言われています。

実際、40代、50代で収入源が自分ひとりになったら・・生活費、老後の資金をどう確保したらいいのでしょうか。

最善の方法をまとめました。

年金をチェックしましょう

年金はそのひとの働き方で金額が変わってくるので、可能であれば年金ネットで調べて自分がいくらもらえるのか年金額を把握しましょう。

例えば一ヶ月に必要な老後の生活費は15万円、年金を月10万円いただけると仮定しますと、あと自分で意するのは月あたり5万円となります。

そうしますと用意する金額は年間60万円、60歳~85歳までの25年分の金額を用意するとして、1500万円となります。

年金分割を活用しましょう

離婚したシングル女性はさらに年金をもらえる可能性もあります。

『年金分割』して、元夫の年金から月数万円もらえる人もいます。ですから、自分の年金プラス元夫の年金を仮に月2万円もらえると仮定して再計算すると、なんと自分で用意する老後資金額は900万円となります。

尚、年金分割は離婚後2年間のうちに申請すれば適用されるとのこと。

ただし、年金分割をあまり容易に考えてもいけません。

「年金分割」の内容を調べもせず、離婚すれば受給できるわけではありません。近日中に離婚といいながら、年金分割の存在すら知らなかった人や内容を誤って理解している人も多いからです。そのとき慌てないために、自分の場合はどうなのかを事前に調べておくことも大切です。

例えば、
(1)会社員だった男性(当時65歳)と再婚後、10年目に離婚予定の女性 (現在72歳)
→年金分割は請求できない {年金分割は、婚姻期間の厚生年金(保険料納付記録)の分割 }
(2)複数の会社に就職と退職を繰り返した男性の妻(60歳)
→分割年金額は少ない { 婚姻期間中の厚生年金の加入月数が短く給与も低い }
(3)離婚したら即年金分割されると思っている女性(50歳)
→分割年金の受給は、夫婦または裁判所で年金の按分割合(3号分割の按分割合は自動的に2分の1)決めた後、年金分割の請求が必要
(4)離婚すれば即多額を受給できると思っている、会社員と婚姻期間3年の女性(30歳)
→分割年金はごく小額を65歳から受給{ 婚姻期間3年分の夫の厚生年金を、女性が自分の年金を受給できる65歳から分割される}
(5)同じ会社員の男性と30年間暮らし(法律婚20年・事実婚6年・法律婚4年)、離婚した女性(55歳)
→事実婚6年と法律婚4年分、10年分の婚姻期間が年金分割の対象期間となる(法律婚から事実婚になったとき婚姻期間は一旦消滅する)
などです。

Woman Wearing Blue Jacket

 

50代 離婚したら仕事をして資金をためる。

まずは、仕事を得ることが一番でしょう。

仕事をしないことには、目の前の生活がどうにもなりません。

働いて、老後資金を貯める。

でも、50代で就職口を探すのは、なかなか大変です。

今まで、バリバリ働いてきた女性は安泰かもしれません。それでも、50代の女性の年収は、男性に比べて半分以下です。十分なお金も時間も、確保できません。ましてや、老後資金を貯めるなんて、簡単にできるでしょうか。

50代離婚したら考えるお金の貯め方

●保険を使って老後資金を貯める

●会社の財形貯蓄を活用する

●権利収入になる仕事を始める

様々なお金の貯め方はあるものの、50代で離婚した女性にとっては資金を準備することも大変。株などの投資は難しい人も多いかもしれません。
一番は、初期投資が少なく、毎月の負担も少ないビジネスが一番よさそうですね。

50代 ネットワークビジネスがお勧めな理由

先にも言ったとおり、50代で離婚した女性の年金額は、自分一人が生活するだけでも大変です。

権利収入という言葉を聞いたことはありますか?

収入には”権利収入”と”労働収入”があります。

労働収入とは、働いた対価をお金でいただく収入のことです。

働いた分だけお金を稼ぐことができます。

いわゆるサラリーマン、店舗経営などが労働収入です。
サラリーマンなら、定年がありますし、自営業なら病気になれば収入がなくなります。

 

権利収入とは、継続的に生まれる収入減のことです。

・家賃収入
・作詞、作曲
・太陽光発電
・駐車場収入
・作家
などがあります。

ネットワークビジネスの収入も、実は権利収入になるということをご存知でしたか?

ネットワークビジネスは
自分が会員になっている企業の商品を、友人や知人にすすめて購入してもらうことで
手数料をもらうことができます。

最初は労働収入と同じで、自分が一生懸命動いてたくさんの人に
商品を買ってもらう必要があります。

でも、自分の紹介した人が増えていき、その人たちがどんどんまた新たに紹介者を増やしていけば・・・

自分は何もしなくてもその方たちのお陰で収入が入ってくるという仕組みになっています。

いったん自分のグループを作ってしまえば、後はグループの人たちがどんどん新しい会員を紹介してくれて

自分は何もしなくても収入が入る仕組みになっているのです。

こうやって毎月入る権利収入があれば、老後の心配は不要、というわけですね。

また、権利収入があれば、病気になっても、旅行に行っていても、収入が途絶えることはありません。

まとめ

定年を迎えるまでに、老後の資金計画が立てられるように、少しでも早く行動することが大事です。

毎日楽しく、お金のことを考えずに生活できるなら、こんなに幸せなことはないはずですよね。

今からネットワークビジネスを始めれば、幸せな老後が待っていること間違いなしです。

 




水を一滴も使わずに作ったスキンケア☆白萄しずく

コメント

タイトルとURLをコピーしました